会社案内

経営理念 人の喜びをもって我が嘉びとする

創業経緯とご挨拶

「人生は人と人との出会いである。」
私たちの会社「友越」は、不思議な出会いの中から誕生しました。

 今を去る十八年前、北陸ミサワホームの会長(友越の会長も兼ねる)林敦が、ベトナムの東遊日本語学校のグエン・ドゥク・ホーエ校長との出会いに恵まれた時点に遡ります。元々、西堀榮三郎先生*(第一次南極越冬隊長)から「人の喜びを持って、我が嘉びとする。」「人間は人に喜んでもらうために生まれてきたのだ。」等々の薫陶を受けていた林は、ベトナムの戦後復旧が進んでいない事に心を痛めるホーエ校長の話を伺い、西堀先生の教えを実践する場所はここにもあるのだと直感したと云います。その第一歩が「里親制度」の発足でした。「頭は良く優秀であるが家が貧しく、学校へ行けない子ども達がベトナムには沢山居る。なんとか日本の力で学校へ行かせてやってもらえないか?」というホーエ校長の話を受け、以来、多くの人に呼びかけ沢山の方に協賛を頂き、今日までで延べ3,000人を超える里子が育っております。初期の子ども達は、今や、大学教授・医師・教師・弁護士・企業や国家の中心となって活躍しております。そして現在も、日本人の「愛」を享受して、勉学に励んでいるベトナムの子ども達が数多く居ります。

 さて、前置きが長くなりましたが、私と会長林の出会い、これも不思議なご縁であります。偶然東京行きの飛行機の中で隣席し、五十歳、歳の離れた林から師・西堀榮三郎先生の話を聞き、衝撃に近い感動を覚え、この教えこそ世代や時代、場所を超えて通用するものであり、また後世に伝えていかねばならないという使命感に似た思いに駆られました。またそれと同時に、3人のベトナム里子支援を引き受けました。
 念ずれば通ずるというのか、その出会いから三年余りの時を経て、里子支援を続けていた縁もあり、突然に林より「私は高齢になりつつあるが、残した財産、つまりベトナムで培った人脈と意志を山口君が引き継いでくれないか?」という一報を受けました。

 西堀榮三郎先生の哲学を経営に活かし、日本とベトナムの架け橋になる。そんな思いで生まれたのが、「株式会社友越」です。ベトナムと日本は昔から強い縁で結ばれていましたが、今後は、より一層に深く強い関係になると期待されています。国際的にも、経済的にもそうなる関係にあると云える状況です。
 誕生から間もない「株式会社友越」ですが、これまでの歩みとご縁を活かして、日本とベトナムの人たちが、お互いを理解し固く結ばれる日に思いを馳せて、力を尽くします。今後ともよろしくお力添え賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

株式会社友越

* 故・西堀榮三郎

1903年京都府生まれ。京都大学理学部卒業後、京大講師、助教授を経て東京電気(現東芝)入社。統計的品質管理の普及に努める。京大教授となった翌年に第一次南極観測越冬隊長として越冬。その後、日本原子力研究所理事などを務め、平成元年逝去。アインシュタイン来日の際に、京都見学の3日間を通訳として同行している。

プロフィール

代表取締役会長林敦(はやし おさむ)

1935年石川県生まれ。ナショナルの販売員を経て、1968年ミサワホームと代理店契約を締結。1970年北陸ミサワホームを設立、社長に就任。1992年に会長となり、現在に至る。西堀榮三郎氏を師と仰ぎ続け、その教えをもとに、12社2法人の企業集団をつくり、育て上げた(アイ・フィットグループ)。北陸ベトナム友好協会の会長として、現在も活動中。

会社概要

社名 株式会社友越
英文社名 YUETSU,INC.
資本金 1,000万円
取締役 代表取締役会長 林 敦
所在地 〒920-0847
石川県金沢市堀川町23番23号
設立 2011年9月29日
事業分野
  • 貿易・販売業 (日本-ベトナム間の輸出輸入業)
  • ベトナム進出支援

ページの先頭へ